Ubuntu にFlashprintインストール

Ubuntu にFlashprintインストール

STLデータをダウンロードしても
Flashprintを使ってデータを変換しないとプリントができない

詳しくは
FLASHFORGEのAdventurer3実機レビュー!家庭用3Dプリンタ3台目で大当たり!

を参考に

私の使うOSは Mac と Ubuntu なので
まずは ubuntu から Flashprint をインストール

インストールについては
Jetson nanoのケースを3Dプリントする(Ubuntu 18.04)

を参考に

しかし、日本のページに移動すると
3.13.0 移行のLinux 対応バージョンがない

このため検索してみたら
https://www.flashforge.com/download-center
から最新版の 4,5,1 がダウンロード可能

ダウンロードしたら

sudo dpkg -i 361aa4e2603599ff099e83c8c95f2426.deb 

を実行したが依存性の問題がでたので

sudo apt-get install libudev-dev libftdi-dev libftdi1-dev

で足りないものをインストールし
再度

sudo dpkg -i 361aa4e2603599ff099e83c8c95f2426.deb 

を実行しインストール

あとは
FlashPrint を起動

次にデータのダウンロード

3Dプリンタで作れる便利グッズ12選

を参考に

Phone holder Phone stand

から
Download All Files をクリック

圧縮ファイルになっているのでこれを展開

次に Flash Print で
ctrl + o でファイルをロード

しかし文字だけのデザインなので

https://www.thingiverse.com/thing:2120591
からダウンロード

ファイルがロードできたら

スライスをクリック
これで
stl ファイルから gx ファイルに変換される

Gコードを送信

これで3Dプリントが開始される
今回必要な時間は4時間半ほどだったが
結果は残念ながらプリント失敗となった

作成するときに積層型となっているので
カーブしている部分がうまくできない

この場合、
STLファイルを再度読み込み
回転させることで印刷する状態を変えればよい

回転のやり方については
3DプリンターDreamerプリンティングについて

を参考に

回転をダブルクリックし
横向きに角度を変えてからプリントすることで
失敗リスクを減らすことができる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です