ラズパイ3のGitlab へ ssh で git clone

ラズパイ3にGitlab をインストールしたので
ここでリポジトリ管理することに

参考サイトは
AndroidStudioからGitLabにSSH接続する

まず gitlab へ ssh 鍵を登録

cd ~/.ssh/
ssh-keygen -t ecdsa -b 256 -C "gitlab connect"

で鍵を作成

Generating public/private ecdsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/snowpool/.ssh/id_ecdsa):

と鍵ファイル名を聞かれるので、ファイル名を入力

今回は
android_gitlab

次にパスフレーズの設定だけど
テストなので今回は未入力で Enter

Enter same passphrase again: 

もう一回確認されるので、再度Enter

次に Gitlab へログインして
右上アイコンから Settings をクリック

次に .pubファイルの中身を貼り付けるけど
mac なら pbcopy コマンドが使えるけど
ubuntu なので

[Linux] コマンドラインでの標準出力をクリップボードにコピーする

を参考に

sudo apt-get install xsel

で xsel コマンドをインストール

さらに
Macのpbcopyをubuntuでも使う

を参考に
エイリアスを設定すると楽とのことなので

【初心者向け】エイリアスの設定方法

を参考に

vim ~/.bashrc 

でファイルを開き

alias pbcopy='xsel --clipboard --input'

を最終行に追記

source ~/.bashrc 

で設定の反映

これで pbcopy でクリップボードにコピーできるので

pbcopy < android_gitlab.pub 

として android_gitlab.pub の中身をコピーし

gitlab の key のところへ貼り付けして
Add Key をクリック

これで鍵が登録されます

次にテストリポジトリを作成します
トップ画面から New project をクリック

Project name は test
Visibility level は Public にして
Create project をクリック

これでリポジトリが作成されたので
鍵を有効化するために ssh 接続します

まず鍵の設定をします

vim ~/.ssh/config 

で設定ファイルを開き

Host raspberrypi
 User git
 Port 22
 HostName 192.168.1.208
 Identitiesonly yes
 IdentityFile ~/.ssh/android_gitlab

として保存

あとは ssh で git clone したいので

git clone git@raspberrypi:snowpool/test.git

とするとテストリポジトリの clone ができます

ここまでできたら次に
Android Studio でGitLabが使えるように設定

ラズパイ3を Gitサーバに

ラズパイ3を Gitサーバに

まずは ssh でログインしてIPを固定しておきます

 sudo apt-get install vim

で vim をインストール

次に

interface eth0
static ip_address=192.168.1.208/24
static routers=192.168.1.1
static domain_name_servers=192.168.1.1

というように IPの設定をファイル末尾に追記して保存

固定IPについては
固定IPアドレスの設定(有線LANの場合)

を参考に

固定IPで接続できるかは

sudo shutdown -r now

で再起動し
ssh で接続できれば成功

次にリポジトリの更新と
インストール済みソフトのアップデート

sudo apt-get update 
sudo apt-get -y upgrade

次に git サーバに必要なライブラリのインストール

sudo apt-get -y install wget git-core 

次に gitユーザを作成
このユーザで gitサーバにアクセスするようにする

sudo adduser git

なおパスワード設定の後に
フルネーム []:
部屋番号 []:
職場電話番号 []:
自宅電話番号 []:
その他 []:
がでるけど
そのまま Enter でOK

以上で正しいですか? [Y/n]
とでたら、 y を入力

次にテストリポジトリの作成

 su git

で gitユーザのパスワードをいれて git ユーザになり

cd

で git ユーザのホームディレクトリに移動

mkdir -p ./git_root/test.git

でテストリポジトリのディレクトリ作成

次に空リポジトリの作成
.4 Git サーバー – サーバーのセットアップ

にあるように
作業ディレクトリのない空のリポジトリを初期化
したいので
git init に –bare オプションを指定して実行

cd ./git_root/test.git/
git init --bare
git init

次に GitLab のインストール
GitLab に必要なパッケージを入れるので

sudo apt-get install curl openssh-server ca-certificates postfix apt-transport-https

途中で postfix の画面がでてくるので
tab を押して
了解
で Enter

piGitlab

メール設定の形式は
インターネットサイト
を選択し
了解で Enter

piGitlab2

システムメール名は
デフォルトの raspberrypi のままでOK

Gitlab3

次に GitLab の gpg.key を追加

curl https://packages.gitlab.com/gpg.key | sudo apt-key add -

次に Gitlab パッケージのインストール

sudo curl -sS https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/raspberry-pi2/script.deb.sh | sudo bash

そして GitLab CE Omnibus package
のインストール

sudo apt-get install gitlab-ce

を実行してもパッケージがみつからないため

Turning the RaspberryPi 3 into a local App-Development Server

の中の
If you are not comfortable installing the repository through a piped script, you can find the entire script here and select and download the package manually and install using
を参考にパッケージをダウンロードし
インストールすることに

lsb_release -a

を実行するとバージョンを調べることができる

No LSB modules are available.
Distributor ID:	Raspbian
Description:	Raspbian GNU/Linux 9.3 (stretch)
Release:	9.3
Codename:	stretch

が今回の結果なので
stretch 対応のものを
https://packages.gitlab.com/gitlab/gitlab-ce
からダウンロード

今回は
ubuntu 14.04 へ
gitlab-ce_10.3.3-ce.0_amd64.deb
をダウンロード

そして

 scp gitlab-ce_10.3.3-ce.0_amd64.deb pi@192.168.1.208:/home/pi/

でファイルを転送

scp コマンドについては
scpコマンドでファイル送る、とってくる

を参考に

次に ラズパイ3で

sudo dpkg -i gitlab-ce_10.3.3-ce.0_amd64.deb

としたけど
アーキテクチャが違うため
インストール不可

このため、再度 Google で検索し
2017年7月以降のもので検索

GitLab on the Raspberry Pi 3

を参考に

curl https://packages.gitlab.com/gpg.key | sudo apt-key add -
sudo curl -o /etc/apt/sources.list.d/gitlab_ce.list "https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/raspberry-pi2/config_file.list?os=debian&dist=jessie" && sudo apt-get update

を実行し

sudo apt-get install gitlab-ce

でインストールできた

これで

sudo gitlab-ctl reconfigure

で初期設定できる

あとは
http://192.168.1.208/
というように
ラズパイ3のIPへブラウザでアクセスすると
GitLab の画面が表示されるので

New password に
新しいパスワードを設定し
Confirm new password

確認のため同じパスワードを入力し
Change your password
をクリック

gitlab4

これでパスワード変更が有効化されるので
ユーザ名 root
パスワードを設定したもので
Sign in をクリック

gitlab5

これで Gitlab へログインできます

gitlab6

Gitlab のインストール

Gitlab のインストール

2年ぶりに Gitlab のインストール
いろいろと変更がありそうなので
GitLab Installation

を参考にインストール

sudo apt-get install -y curl openssh-server ca-certificates

次にメールサーバーのインストール

sudo apt-get install -y postfix

を実行すると確認画面がでるので、tabを押して
了解で Enter

2017gitlab

次に、どの形式にするか選択がでるけど
ドキュメントには
During Postfix installation a configuration screen may appear. Select ‘Internet Site’ and press enter. Use your server’s external DNS for ‘mail name’ and press enter. If additional screens appear, continue to press enter to accept the defaults.

意味は
Postfixのインストール中に、設定画面が表示されることがあります。 [インターネットサイト]を選択し、Enterキーを押します。サーバーの外部DNSを「メール名」に使用し、Enterキーを押します。追加の画面が表示された場合は、enterを押してデフォルトを受け入れます。

となっているので
インターネット上サイトのまま
tabを押して了解で Enter

2017gitlab2

次にメール名だけど、ローカルのみの予定なので
今回はそのまま tab を押して 了解で
Enter

2017gitlab3

次に Gitlab リポジトリを追加するので

curl -sS https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ce/script.deb.sh | sudo bash

次に

sudo apt-get install gitlab-ce

で Gitlab インストール

インストールされると

gitlab: Thank you for installing GitLab!
gitlab: To configure and start GitLab, RUN THE FOLLOWING COMMAND:

sudo gitlab-ctl reconfigure

gitlab: GitLab should be reachable at http://snowpool-Prime-Series
gitlab: Otherwise configure GitLab for your system by editing /etc/gitlab/gitlab.rb file
gitlab: And running reconfigure again.
gitlab: 
gitlab: For a comprehensive list of configuration options please see the Omnibus GitLab readme
gitlab: https://gitlab.com/gitlab-org/omnibus-gitlab/blob/master/README.md
gitlab: 
It looks like GitLab has not been configured yet; skipping the upgrade script.
W: Duplicate sources.list entry http://download.opensuse.org/repositories/isv:/ownCloud:/community/xUbuntu_14.04/  Packages (/var/lib/apt/lists/download.opensuse.org_repositories_isv:_ownCloud:_community_xUbuntu%5f14.04_Packages)

と表示される

Gitlab の初期設定と開始には

sudo gitlab-ctl reconfigure

を実行

これで
http://snowpool-prime-series:8080/
だとアクセスできず、
http://localhost:8080
ではレイアウトが崩れる

2017gitlab4

このため

sudo vim /etc/gitlab/gitlab.rb 

で設定ファイルを開き

13行目の

external_url 'http://snowpool-Prime-Series'

external_url 'http://192.168.1.206:8000'

というように変更し

sudo gitlab-ctl reconfigure

を実行し設定を反映

これで再度アクセスすると無事にCSSが反映されていた
2017gitlab5