AWS へ wordpress インストール その1

AWS へ wordpress インストール その1

まず最初にシステムをアップデートしますが
毎回 sudo をうつのは面倒なので
root 権限になります

sudo su -

次に yum update で更新します

yum -y update

これで更新できました

次にサーバーの時刻を合わせます
最初だと別の地域です
date コマンドを実行すると違いがわかります

date

私の環境の場合、夜9時半ごろでも
Mon Oct 5 12:43:23 UTC 2015
と表示されました

修正には

cp /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime 

を実行します

これで
cp: overwrite ‘/etc/localtime’?
と聞かれるので
y
を入力すると設定が上書きされ、東京時間になります
再度 date コマンドを実行し反映されていれば成功です

私の環境では
Mon Oct 5 21:45:52 JST 2015
となりました

次に wordpress を入れるのに必要なものをインストールしていきます

すでに実験でapache は入っているので
その他必要なものを入れていきます

このapache インストールに関しては
AWS EC2 インスタンスへ apache インストール

の過去記事を参考に

 yum -y install php php-mysql php-mbstring php-gd

でPHP関連

 yum -y install mysql-server

で mysql のインストール

yum -y install mod_ssl

でSSL関連のインストール

次に apache の設定を変更します

 vim /etc/httpd/conf/httpd.conf

44行めの
ServerTokens OS

ServerTokens ProductOnly
としてサーバー情報を隠蔽します

537行めの
ServerSignature On

ServerSignature Off
としてサーバー情報を秘匿します

ここまでできたら保存します

次に php の設定ファイルを編集します

 vim /etc/php.ini 

436行めの
expose_php = On

expose_php = Off
にしてPHP情報が見れないようにします

次に
641行めの
;error_log = php_errors.log

error_log = /var/log/php_err.log
とすることで
/var/log/ の下になるようにします

次に789行めの
;default_charset = “iso-8859-1”

default_charset = UTF-8
にすることで文字コードを utf8 に設定

956行めの
;date.timezone =

date.timezone = Asia/Tokyo
とすることで東京時間に設定

1558行めの
;mbstring.internal_encoding = EUC-JP

mbstring.internal_encoding = UTF-8
にしてエンコードを utf-8 に設定

1567行めの
;mbstring.http_output = SJIS

mbstring.http_output = pass
にしてHTTPレスポンスは変換しないよう設定

ここまでできたら保存します

次回は mysql の設定を行います

今回の php.ini の変更の意味に関しては
mbstring.encoding_translationが原因で文字化け

を参考にさせていただきました

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *