Ansibleと playbook


Ansibleと playbookAnsibleは対象サーバーに多数の設定を一度に投入することが多いため

普通はansibleコマンド実行にはならない

複数処理させるなら

playbookをつくることになる

playbookは YAML 形式になり

拡張子は

.yml になる

-  hosts:  all
   tasks:
    -  name:  slコマンドのyumインストール

       yum:  name=sl

というplaybookなら

- hosts: には対象サーバーのIPを記述

もし all ならすべて対象になる

tasks:

のところには

処理する内容を記述していく

- name:

の部分は、ラベルやコメントのようなものなので

日本語でもok

あとは、この下へ処理を書いていく

今回はyum で sl をインストールするので

yum: name=sl

となる

ここまでの内容を

yum.yml

としてplaybookとして保存し

実行するには

ansible-playbookコマンドを使う

今回なら

ansible-playbook yum.yml

となる

ちなみにAnsibleでは

処理は重複しないので

2回実行しても設定済みと表示されるだけになる


PDF
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>