駅情報検索できる HeatRails Express のAPI


駅情報検索できる HeatRails Express のAPI
Google Android WebAPIプログラミング入門
を参考にマッシュアップアプリ作成の勉強中です
今回は、駅情報検索アプリとなる  HeatRails Express のAPIについてです
ドキュメントサイトは
http://express.heartrails.com/
となります
HeatRails Express
では
路線、駅名などの地理情報データをXMLとJSON形式で無料提供しています
商用、非商用でも使用可能となっています
駅情報取得APIの他に
エリア情報取得API
都道府県情報取得API
路線情報取得API
最寄り駅情報取得API
などがあります
このAPIを使うとき、公開アプリの場合、じゃらんのときのように
クレジット表示が必要になります
今回の書籍での取扱いは
JSON形式でした

http://express.heartrails.com/api/json?method=getStations

という
形式になります
書籍には
岡山駅を表示するというのが最初に載っています

http://express.heartrails.com/api/json?method=getStations&name=%E5%B2%A1%E5%B1%B1

をブラウザで入力(今回はFireFox)して
ファイルをダウンロードし、テキストエディタ(gedit)
で開くと内容が見れます(JSON形式のデータです)
以前、講習で JUnit Test を受けたことがありますが
JSONの解析はまだ未経験なので、学習しながらまとめていこうと思います


PDF
カテゴリー: HeatRails Expres   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>