ConoHa VPS 設定(Lets Encript の適用)


ConoHa VPS 設定(Lets Encript の適用)ConoHa VPS 設定(Lets Encript の適用)

Apache のインストールまではできているので
設定を変更

CentOS7 複数ドメイン(バーチャルホスト)でSSL

を参考に設定

su -

で管理者権限になり

vim /etc/httpd/conf/httpd.conf 

でファイルを開き

TraceEnable off

を最終行に追記
なお
shift +g で最終行に移動して
o を押して書き込みモードにして
ctrl + shift + v で貼り付けすると楽

この意味は
エラー画面にサーバー情報を表示しないようにする
というもの

これについては
apacheで攻撃者に有用な情報を与えない対策

を参考に

次に
144行目の

Options Indexes FollowSymLinks

Options Includes ExecCGI FollowSymLinks

へ変更し
CGI,SSIの許可

次に151行めの

AllowOverride None

AllowOverride All

と変更することで
.htaccess を許可

次にautoindex 設定ファイルを修正

vim /etc/httpd/conf.d/autoindex.conf 

で設定ファイルを開き
24行目の

Options Indexes MultiViews FollowSymlinks

Options MultiViews

とすることで
icons ディレクトリのファイル一覧を表示しないように設定

次に
SSLデフォルト設定ファイルを編集
しかし、対象となるファイルが見当たらないため

Webサーバー間通信内容暗号化(Apache+mod_SSL+Certbot)

を参考に設定

まずは Certbot クライアントのインストール

yum -y install git

で git をインストール

次に

cd /usr/local/
git clone https://github.com/certbot/certbot
cd
/usr/local/certbot/certbot-auto -n


certbot クライアントをインストール

次にサーバ証明書の取得
構文は

/usr/local/certbot/certbot-auto certonly --webroot -w ドキュメントルート -m メールアドレス -d Webサーバー名 --agree-tos

今回は
ドキュメントルートは
/var/www/html/

webサーバ名はドメインの
www.snowpool.info

メルアドは私の gmail アドレスで行いました

実行すると

Would you be willing to share your email address with the Electronic Frontier
Foundation, a founding partner of the Let's Encrypt project and the non-profit
organization that develops Certbot? We'd like to send you email about our work
encrypting the web, EFF news, campaigns, and ways to support digital freedom.
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
(Y)es/(N)o: 

というように
Lets Encript パートナーにメルアドを公開していいか聞かれるので
さすがに公開は嫌なので
N
としました

次に mod_ssl のインストール

yum -y install mod_ssl

次にSSL設定ファイルを編集

vim /etc/httpd/conf.d/ssl.conf 

で設定ファイルを開き

100行目の

SSLCertificateFile /etc/pki/tls/certs/localhost.crt

SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/www.snowpool.info/cert.pem

に変更

107行目の

 SSLCertificateKeyFile /etc/pki/tls/private/localhost.key

SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/www.snowpool.info/privkey.pem

に変更

116行目の

#SSLCertificateChainFile /etc/pki/tls/certs/server-chain.crt

SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/www.snowpool.info/chain.pem

に変更し保存

そして94行目に

SSLCipherSuite ECDH+AESGCM:DH+AESGCM:ECDH+AES256:DH+AES256:ECDH+AES128:DH+AE    S:RSA+AESGCM:RSA+AES:!aNULL:!MD5:!DSS

SSLHonorCipherOrder on

を追加することで
暗号化方法の追加と
暗号化方法をサーバ側で決定できるように設定

ここまでできたら保存して

systemctl reload httpd

で Apache を再起動

これで https://ドメイン名
でアクセスして鍵マークが出ていれば成功

letsencript


PDF
カテゴリー: LetsEncirpt   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>