conoha vps で wordpress の構築


conoha vps で wordpress の構築conoha vps で wordpress の構築

GMOクラウドで wordpress を運用していましたが
料金を抑え、さらにSSDで早いと聞いた
ConoHa で wordpress を運用するようにします

CentOS7 複数ドメイン(バーチャルホスト)でSSL

を参考に構築を行います

なお、初期設定については
ConohaサーバーへWordPressをインストールするまでの全行程(1)Conohaサーバーの立ち上げ

を参考に

ちなみに、アカウントと root パスワードは決めたものの
root パスワードを忘れ
ログインできない状態になり
https://www.conoha.jp/faq/troubleshooting/
で調べたけど
rootパスワードやVPS内で作成したアカウント情報ついて弊社側では確認ができません。サーバー再構築やシングルユーザモード・レスキューモードにてパスワードの再設定をご検討ください
とのことなので

ConoHa さくら VPSでのrootパスワード再設定

を参考に実践

Conoha にログインし
仮想サーバを選択して
コンソールをクリック

次に
特殊キーで ctrl + alt + delete をクリック
再起動するので
キーボードの上下キーをおすとカーネル選択画面になるので
一番上を選んで e をクリック

すると編集モードになるが、編集するべき場所がみつからないので

一度削除し再度作成

Conoha コンソールでIPアドレスを確認し

ssh root@IPアドレス

でログイン

次にアップデート

yum -y update

次に一般ユーザの設定

ConohaサーバーへWordPressをインストールするまでの全行程(2)サーバーのセキュリティを強化する

を参考に実践

useradd ユーザ名

で一般ユーザを追加し

passwd ユーザ名

で一般ユーザにパスワードを付与

 usermod -G wheel  ユーザ名

でユーザを wheel グループに追加

なお、セキュリティに関してはポート変更よりも

ConohaサーバーへWordPressをインストールするまでの全行程(5)SSH接続を公開鍵認証で行う

を参考に公開鍵認証に変更します

なお、新規にサーバを選ぶときには

https://www.conoha.jp/guide/vps_sshkey.php

にあるように公開鍵認証を設定できるようです

一度ログアウトし
作成した一般ユーザで ssh でログインします
[shel]
ssh 一般ユーザ名@IPアドレス
[/shell]

ログインできたら

ssh-keygen -t rsa

で鍵を作成

id_rsa.pubのファイル名をauthorized_keysに変更するので

cd .ssh/
mv id_rsa.pub authorized_keys

次に権限の変更

sudo chmod 700 ../.ssh/
 sudo chmod 600 ../.ssh/authorized_keys 

次に scp コマンドで秘密鍵をローカルへ移動します
一度ログアウトして
ubuntu 側で

scp 一般ユーザ名@IPアドレス:/home/一般ユーザ名/.ssh/id_rsa /home/自分のユーザ名/.ssh/

これで再度 sshで接続すると
今度はパスワードを入力することなくログインできるようになります

次にせっかく公開鍵認証にしたのでパスワードによるログインは禁止します

sudo vim /etc/ssh/sshd_config 

でファイルを開き

38行目の

PermitRootLogin yes

PermitRootLogin no

としてRootログインを拒否

63行目の

PasswordAuthentication yes

PasswordAuthentication no

へ変更してパスワード認証を拒否

なお
RSAAuthentication の項目がみあたらないので調べたら
sshd_config に RSAAuthentication no を設定する必要はもうない

にあるように設定は不要のようです

Conoha の一般ユーザーで公開鍵認証を使用してSSHログインする

でもこの部分はなくなっていました

あとは

sudo systemctl restart sshd.service 

でサービスを再起動して変更を反映しておきます

次にファイアウォールの設定
https と http を開いておくので

sudo firewall-cmd --add-service=http
sudo firewall-cmd --add-service=https

次に再起動してもそのままの設定になるように

sudo firewall-cmd --permanent --add-service=http
sudo firewall-cmd --permanent --add-service=https

次に
ConohaサーバーへWordPressをインストールするまでの全行程(3)Apache MariaDB PHP7のインストール

を参考に
PHP7 のインストール

まず Remi リポジトリの追加

sudo yum -y install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

リポジトリ追加の確認は

 ls -l /etc/yum.repos.d/

で確認可能

次に PHP7 のインストール

sudo yum install --enablerepo=remi-php71,remi-safe php p
hp-mbstring php-pear php-mysql php-mcrypt php-gd

これで依存関係で Apache もインストールされます

PHPのヴァージョン確認は

php --version

次に MariaDB のインストール

 sudo yum -y install mariadb mariadb-server

そして MariaDB の起動

systemctl start mariadb.service

起動確認には

sudo systemctl list-units | grep mariadb

次に再起動したときにも自動起動するように設定

systemctl enable mariadb.service 

実行するとユーザパスワードを求められるので入力

登録状態の確認には

systemctl list-unit-files | grep mariadb

次にMariaDB の初期設定

 mysql_secure_installation 

実行するとセキュリティ設定でいくつか質問がでてきます

Enter current password for root (enter for none):
では Enter を押します

Set root password? [Y/n]
で root パスワードを設定するか聞かれるので y

New password:
で新しいパスワードを設定

Re-enter new password:
で確認のためもう一回入力

Remove anonymous users? [Y/n]
では匿名ユーザを削除するか なので y

Disallow root login remotely? [Y/n]
で root をリモートでログインを禁止するかなので y

Remove test database and access to it? [Y/n]
でテストDB削除なので y

Reload privilege tables now? [Y/n]
でテーブルの再読み込みするかなので y

これで設定完了

次に MariaDB を再起動することで設定を反映

systemctl restart mariadb

参考サイトでは wordpress 用DB作成しているけど
別サイトから引っ越しするので
これは保留し
Apache 関連の設定

最初に Apache の起動

systemctl start httpd.service 

起動しているかを確認

systemctl list-units | grep httpd

次に再起動してもApache が起動するよう設定

systemctl enable httpd.service 

設定の確認には

systemctl list-unit-files | grep httpd

次に Apache の設定

CentOS7 複数ドメイン(バーチャルホスト)でSSL

を参考に


PDF
カテゴリー: WordPress   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>