vagrant で複数仮想マシンの立ち上げ


vagrant で複数仮想マシンの立ち上げvagrant で複数仮想マシンの立ち上げ

Vagrantで複数台の仮想マシンを立ち上げてsshアクセス

を参考に
複数台の仮想マシンの立ち上げ

mkdir vagrant_centos
 vagrant init centos/7

で練習のためのディレクトリを作成し
ここへ cdコマンドで移動

次に初期設定
すでに box に centos/7 が追加されているので
これを使って作業します

なお、box を追加する方法は
MacにVagrantでCentOS7環境を作成


agrantで開発環境作成

を参考に

vagrant box add centos/7

でbox を追加しています

現在追加している box 一覧を見るには

vagrant box list

でみることができます

vagrant itit したあと
Vagrantfile
ができているので、このファイルを編集し
仮想マシンの設定を追加することで複数台の仮想マシンを
作成することが可能になります

では設定

vim Vagrantfile

で設定ファイルを開き
15行目の

config.vm.box = "centos/7"

の下へファイルを追記し3台構成にしてみます


  config.vm.define "web" do |vm1|
   vm1.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.21"
  end

  config.vm.define "db" do |vm2|
   vm2.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.22"
  end

  config.vm.define "app" do |vm3|
   vm3.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.23"
  end

これを追記して保存したら

vagrant up

で3台同時起動

起動している状態の確認をするには

 vagrant status

でOK

現在の状態だと

web                       running (virtualbox)
db                        running (virtualbox)
app                       running (virtualbox)

となっていて3台同時起動しているのがわかります

なお、ssh の設定は

vagrant ssh-config web 

というようにすれば設定を表示できます

今回、web のssh設定は

Host web
  HostName 127.0.0.1
  User vagrant
  Port 2222
  UserKnownHostsFile /dev/null
  StrictHostKeyChecking no
  PasswordAuthentication no
  IdentityFile /home/snowpool/vagrant_centos/.vagrant/machines/web/virtualbox/private_key
  IdentitiesOnly yes
  LogLevel FATAL

また、複数の仮想マシンを立ち上げている場合
vagrant ssh でログインするには

vagrant ssh web

というようにどの仮想マシンにssh を実行するか指定します


PDF
カテゴリー: vagrant   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>