ラズパイ3へ Redmine の導入


ラズパイ3へ Redmine の導入ラズパイ3へ Redmine インストール

RaspberryPiにRedmineをインストールする方法

を参考にインストール

まずパッケージのアップデート

sudo apt-get -y update
sudo apt-get -y upgrade

次に redmine に必要なパッケージのインストール

sudo apt-get -y install apache2 libapache2-mod-passenger imagemagick libmagick++-dev ruby-dev bundler git subversion

DBにmysql を使うのでインストールする予定だったが
libmysqlclient-dev がないため、postgresql を使う
ように変更

まずロケール設定

sudo locale-gen ja_JP.UTF-8

次に開発ツールと ruby passenger 関連インストール

sudo apt-get -y install build-essential zlib1g-dev libssl-dev libreadline-dev libyaml-dev libcurl4-openssl-dev 

そして postgresql のインストール

sudo apt-get -y install postgresql postgresql-server-dev-9.5

次に apache 関連インストール

 sudo apt-get -y install apache2 apache2-dev libapr1-dev libaprutil1-dev 

次に imagemagic と日本語フォントのインストール

sudo apt-get install -y imagemagick libmagick++-dev 
sudo apt-get -y install fonts-takao

しかしメモリ不足のためインストールエラー
このため一度再起動して再度挑戦

sudo apt-get -y install fonts-taksudo 
apt-get -y install fonts-takao
fc-list | grep takao

として

/usr/share/fonts/truetype/takao-mincho/TakaoPMincho.ttf: Takao P明朝,TakaoPMincho:style=Regular
/usr/share/fonts/truetype/takao-gothic/TakaoPGothic.ttf: Takao Pゴシック,TakaoPGothic:style=Regular
/usr/share/fonts/truetype/takao-gothic/TakaoGothic.ttf: Takaoゴシック,TakaoGothic:style=Regular
/usr/share/fonts/truetype/takao-mincho/TakaoMincho.ttf: Takao明朝,TakaoMincho:style=Regular

となればOK

[/shell]
sudo apt-get install git subversion
[/shell]
でバージョン管理ソフト git と subversion
のインストール

次に ruby のバージョンの確認

ruby -v

を実行したところ、現在のバージョンは
ruby 2.3.3p222
これはもともと入ってました

次に bundlerのインストール

sudo gem install bundler --no-document

–no-document
をつけるとドキュメントなしになります

次に PostgreSQL のバージョン確認

psql --version

今回は
psql (PostgreSQL) 9.6.6
でした

次に Redmine用ユーザ作成

sudo -u postgres createuser -P redmine

そして Redmine のためのDB作成

sudo -u postgres createdb -E UTF-8 -l ja_JP.UTF-8 -O redmine -T template0 redmine

次にDB設定値確認

sudo -u postgres psql -U postgres 

で PostgreSQL のコンソールになるので

\l

を実行するとDB設定をみることができます
なお、この画面を抜けるには q を押せばOK

                                         データベース一覧
   名前    |  所有者  | エンコーディング |  照合順序   | Ctype(変換演算子) |      アクセス権       
-----------+----------+------------------+-------------+-------------------+-----------------------
 postgres  | postgres | UTF8             | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       | 
 redmine   | redmine  | UTF8             | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       | 
 template0 | postgres | UTF8             | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       | =c/postgres          +
           |          |                  |             |                   | postgres=CTc/postgres
 template1 | postgres | UTF8             | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       | =c/postgres          +
           |          |                  |             |                   | postgres=CTc/postgres
(4 行)

今回はこんなかんじになりました

なお PostgreSQL コンソールを抜けるには

\q

で抜けれます

次にRedmine のインストール

sudo mkdir /var/lib/redmine
sudo chown www-data /var/lib/redmine/

で mkdir でディレクトリを作成し
chown で www-data に所有者変更

sudo -u www-data svn co http://svn.redmine.org/redmine/branches/3.4-stable /var/lib/redmine

で svn を使い
/var/lib/redmine/ 以下へダウンロード

なお svn コマンドについては
【svn】基本コマンド

を参考に

今回使った svn co はチェックアウト

次にDB接続設定

sudo vim /var/lib/redmine/config/database.yml

でファイルを作成し、中身は

production:
  adapter: postgresql
  database: redmine
  host: localhost
  username: redmine
  password: "redmineDBのパスワード"
  encoding: utf8

としておく

次にRedmine の設定ファイルの作成
これはサンプルを書き換えて作成するので

cd /var/lib/redmine/config/
sudo cp configuration.yml.example configuration.yml

でファイルをコピーして

 sudo vim configuration.yml

でファイルを開き

production:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      address: "localhost"
      port: 25
      domain: 'example.com'

  rmagick_font_path: /usr/share/fonts/truetype/takao-gothic/TakaoPGothic.ttf

として保存

次に redmineの gem のインストール

cd /var/lib/redmine/
sudo -u www-data bundle install --without development test --path vendor/bundle

次にセッション改ざん防止秘密鍵作成

sudo -u www-data bundle exec rake generate_secret_token 

次にDBテーブル作成

sudo -u www-data RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate

次にデフォルトデータ登録

sudo -u www-data RAILS_ENV=production REDMINE_LANG=ja bundle exec rake redmine:load_default_data

次に Passenger のインストール

sudo gem install passenger --no-rdoc --no-ri

Passenger Apacheモジュールインストール

 sudo passenger-install-apache2-module --auto --languages ruby

次に apache用設定ファイルの確認

passenger-install-apache2-module --snippet

内容は

LoadModule passenger_module /var/lib/gems/2.3.0/gems/passenger-5.1.12/buildout/apache2/mod_passenger.so
<IfModule mod_passenger.c>
  PassengerRoot /var/lib/gems/2.3.0/gems/passenger-5.1.12
  PassengerDefaultRuby /usr/bin/ruby2.3
</IfModule>

となりました

次に Apache の設定

 sudo vim /etc/apache2/conf-available/redmine.conf

でファイルを作成し

<Directory "/var/lib/redmine/public">
  Require all granted
</Directory>

LoadModule passenger_module /var/lib/gems/2.3.0/gems/passenger-5.1.12/buildout/apache2/mod_passenger.so
<IfModule mod_passenger.c>
  PassengerRoot /var/lib/gems/2.3.0/gems/passenger-5.1.12
  PassengerDefaultRuby /usr/bin/ruby2.3
</IfModule>

PassengerMaxPoolSize 20
PassengerMaxInstancesPerApp 4
PassengerPoolIdleTime 864000
PassengerStatThrottleRate 10

としてRedmine の画像ファイルやCSSファイルへ
アクセスを許可
これをしないと apache2.4 のデフォルト設定では
アクセス禁止になっている
そして Passenger の基本設定をコマンドの実行結果を元に記述し
Passenger のチューニング設定を追記

設定については
ttps://www.phusionpassenger.com/library/config/apache/reference/
のリファレンスを参考に

ここまでできたら apache の設定を反映

sudo a2enconf redmine 
 apache2ctl configtest 

を実行したときに

AH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.1.1. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message

となるので

apache2再起動時にAH00558が発生する

を参考にServername を設定

hostname

でホスト名を確認
今回は
raspberrypi
だったので

cd /etc/apache2/conf-available/
sudo touch fqdn.conf
sudo vim fqdn.conf 

でファイルを作成して編集

ServerName raspberrypi

として保存し

sudo a2enconf fqdn 
sudo service apache2 restart 

として設定を反映し
apache2 を再起動したところ

Job for apache2.service failed because the control process exited with error code.
See "systemctl status apache2.service" and "journalctl -xe" for details.

となるため

journalctl -xe

で確認すると

-- Unit apache2.service has begun starting up.
 1月 29 20:58:15 raspberrypi apachectl[24661]: [Mon Jan 29 20:58:15.640734 2018] [so:warn] [pid 24664:tid 1996165120] AH01574: module p
 1月 29 20:58:15 raspberrypi apachectl[24661]: (98)Address already in use: AH00072: make_sock: could not bind to address [::]:80
 1月 29 20:58:15 raspberrypi apachectl[24661]: (98)Address already in use: AH00072: make_sock: could not bind to address 0.0.0.0:80
 1月 29 20:58:15 raspberrypi apachectl[24661]: no listening sockets available, shutting down
 1月 29 20:58:15 raspberrypi apachectl[24661]: AH00015: Unable to open logs
 1月 29 20:58:15 raspberrypi apachectl[24661]: Action 'start' failed.
 1月 29 20:58:15 raspberrypi apachectl[24661]: The Apache error log may have more information.
 1月 29 20:58:15 raspberrypi systemd[1]: apache2.service: Control process exited, code=exited status=1
 1月 29 20:58:15 raspberrypi systemd[1]: Failed to start The Apache HTTP Server.
-- Subject: Unit apache2.service has failed
-- Defined-By: systemd
-- Support: https://www.debian.org/support
-- 
-- Unit apache2.service has failed.
-- 
-- The result is failed.
 1月 29 20:58:15 raspberrypi systemd[1]: apache2.service: Unit entered failed state.
 1月 29 20:58:15 raspberrypi systemd[1]: apache2.service: Failed with result 'exit-code'.
 1月 29 20:58:15 raspberrypi sudo[24652]: pam_unix(sudo:session): session closed for user root
 1月 29 21:05:01 raspberrypi CRON[25108]: pam_unix(cron:session): session opened for user root by (uid=0)
 1月 29 21:05:01 raspberrypi CRON[25112]: (root) CMD (command -v debian-sa1 > /dev/null && debian-sa1 1 1)
 1月 29 21:05:01 raspberrypi CRON[25108]: pam_unix(cron:session): session closed for user root

すでに Gitlab を設定しているため
サブディレクトリで Redmine を実行するように設定を変更

sudo vim /etc/apache2/conf-available/redmine.conf 

でファイルを開き

Alias /redmine /var/lib/redmine/public
<Location /redmine>
  PassengerBaseURI /redmine
  PassengerAppRoot /var/lib/redmine
</Location>

を最終行に追記し保存

sudo service apache2 reload 

としたけど

apache2.service is not active, cannot reload.

となってしまう

sudo ln -s /var/lib/redmine/public /var/www/html/redmine

でシンボリックリンクを作成し

RackBaseURI /redmine

 /etc/apache2/conf-available/redmine.conf 

の最終行へ追記してもエラー

再度

apachectl configtest

を実行すると

AH01574: module passenger_module is already loaded, skipping

とエラーが変化

systemctl status apache2.service

でエラーをみたところ

(98)Address already in use: AH00072: make_sock

とあり
検索すると
エラーメッセージとその対処あれこれ

によればポートの競合が原因

おそらく GitLab で使っているポートと重複するのが
原因

このため Gitlab の ポートを変更することに

sudo vim /etc/gitlab/gitlab.rb 

で設定ファイルを開き

13行目あたりの

external_url 'http://raspberrypi'

の部分を

external_url 'http://raspberrypi:7000'

として
7000版ポートを使うように変更
変更の方法については
GitLab 8.2 + HTTPS 設定メモ(CentOS7)

https://blog.apar.jp/linux/3555/#GitLab_HTTPS

を参考にしました

しかし、これでもダメなため
Gitlab Redmine 共存環境で検索し

sudo vim /etc/gitlab/gitlab.rb 

で設定ファイルを開き

444行目の

#gitlab_workhorse['auth_backend'] = "http://localhost:8080"

506行目の

#unicorn['port'] = 8080

のコメントアウトを削除し

744行目の

#nginx['listen_port'] = nil

nginx['listen_port'] = 8080

へ変更

設定反映のため

sudo gitlab-ctl reconfigure
sudo gitlab-ctl restart

としたけどダメ

このため、一度これらの設定を元に戻す

ラズパイにRedmine3をインスールする。そして地獄を見る。また。。。

を参考に設定ファイルを変更

sudo apt-get install -y libapache2-mod-passenger imagemagick libmagick++-dev libmagickcore-dev libmagickwand-dev apache2-dev libcurl4-openssl-dev libapr1-dev libaprutil1-dev

でパッケージを追加し

sudo swapon -s

でswap容量を確認

これで100Mしかないため

sudo service dphys-swapfile stop

で一度とめて

sudo vim /etc/dphys-swapfile

でファイルを開き
16行目あたりの

CONF_SWAPSIZE=100

CONF_SWAPSIZE=2048

へ変更し

sudo service dphys-swapfile start

で再起動

次に

sudo vim /etc/apache2/conf-available/redmine.conf 

で内容が

<Directory "/var/lib/redmine/public">
  Require all granted
</Directory>

RackBaseURI /redmine

であることを確認し

 sudo cp /etc/apache2/conf-enabled/redmine.conf redmine.conf_bak

ですでに存在するファイルをバックアップしてから

sudo rm /etc/apache2/conf-enabled/redmine.conf 

で削除し

sudo ln -s /etc/apache2/conf-available/redmine.conf /etc/apache2/conf-enabled/redmine.conf 

でシンボリックリンク作成して

sudo vim /etc/apache2/mods-available/passenger.conf

を実行すると

<IfModule mod_passenger.c>
  PassengerRoot /usr/lib/ruby/vendor_ruby/phusion_passenger/locations.ini
  PassengerDefaultRuby /usr/bin/ruby
</IfModule>

となっているので
この下へ

PassengerResolveSymlinksInDocumentRoot on
PassengerInstanceRegistryDir /var/run/passenger-instreg


追記し保存

sudo vim /etc/apache2/mods-available/passenger.load

でファイルを開くと

LoadModule passenger_module /usr/lib/apache2/modules/mod_passenger.so

となっていた

sudo a2enconf redmine
apache2ctl configtest
sudo service apache2 restart 

でエラーはないけど
redmine へアクセスしようとしてもディレクトリ構造だけ

passenger-status

を実行すると

ERROR: Phusion Passenger doesn't seem to be running. If you are sure that it is running, then the causes of this problem could be:

1. You customized the instance registry directory using Apache's PassengerInstanceRegistryDir option, Nginx's passenger_instance_registry_dir option, or Phusion Passenger Standalone's --instance-registry-dir command line argument. If so, please set the environment variable PASSENGER_INSTANCE_REGISTRY_DIR to that directory and run passenger-status again.
2. The instance directory has been removed by an operating system background service. Please set a different instance registry directory using Apache's PassengerInstanceRegistryDir option, Nginx's passenger_instance_registry_dir option, or Phusion Passenger Standalone's --instance-registry-dir command line argument.

となるため、
これで検索

[CentOS] Redmineのインストールメモ

によれば

sudo mkdir /var/run/passenger-instreg


httpd.conf」に以下を追加
とあったけど

sudo vim /etc/apache2/apache2.conf 

で開いても項目が見当たらないため

再度コマンド履歴をみたところ

/etc/apache2/mods-enabled/passenger.load

がシンボリックリンクになっていないため

sudo cp /etc/apache2/mods-enabled/passenger.load .

でバックアップし

sudo rm /etc/apache2/mods-enabled/passenger.load


ファイルを削除して

sudo ln -s /etc/apache2/mods-available/passenger.load /etc/apache2/mods-enabled/passenger.load

でシンボリックリンクを作成し

sudo service apache2 restart 

とすると
ようやく redmine が起動しました


PDF
カテゴリー: RaspberryPi3, Redmine   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>