ラズパイ3に Gmail リレー設定


ラズパイ3に Gmail リレー設定ラズパイ3に Gmail リレー設定

ズパイに Postfixメールサーバーを立てる方法(Gmailをリレーとして使用)

を参考に設定

まず必要なパッケージのインストール

 sudo apt-get install mailutils

次に
GmailリレーサーバにするためPostfixの設定を編集

sudo vim /etc/postfix/main.cf

でファイルを開き
shift + G で最終行に移動

:set number
で行番号がでるので
39 行目の
relayhost =
をコメントアウト

あとは
カーソルを 39 行目に合わせるか
:39で39行目に移動し
shift + i # でコメントアウト

複数行のコメントアウトは
vimで一気にコメントアウトする方法(複数行の先頭に文字を追加する方法)

を参考に

あとはファイルの最後に

# Relaying Postfix SMTP via GMAIL
relayhost = [smtp.gmail.com]:587
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_tls_CAfile = /etc/postfix/cacert.pem
smtp_use_tls = yes

を追記し
esc を押して
:wq で保存

次にGmailのアカウント情報を設定するファイルを作成

sudo vim /etc/postfix/sasl_passwd

構文は

[smtp.gmail.com]:587 Gmailアドレス:Gmailパスワード

なお、Gmail のパスワードは2段階認証をしている場合
安全性の低いアプリの許可はできないため
アプリパスワードを作成し
このパスワードを設定する必要があります

次に sasl_passwd の設定

sudo chmod 400 /etc/postfix/sasl_passwd 

で権限変更

Postfix が参照するデータベースファイルへ
反映するので
postmap コマンドを実行

sudo postmap /etc/postfix/sasl_passwd 

smtp.gmail.comの
ルート認証局(Root CA)をダウンロードして配置
するので wget で取得

 wget https://www.thawte.com/roots/thawte_Premium_Server_CA.pem

次に tee コマンドに -a オプションをつけることでファイルに追記
tee コマンドについては
teeコマンドの使い方

を参考に

cat ./thawte_Premium_Server_CA.pem | sudo tee -a /etc/postfix/cacert.pem

ここまでできたらテストメールの送信をするので

sudo service postfix restart 

で postfix の再起動

echo "Hello World" | mail -s "Test Message" 送信したいメルアド

としてメールが届けば成功です

もし届かない場合

tail /var/log/mail.log


Gmail のサポートのURLが表示されるので
これをもとにアプリパスワードを設定し

sudo vim /etc/postfix/sasl_passwd
sudo postmap /etc/postfix/sasl_passwd
sudo service postfix restart

でパスワードを変更し
DB更新してから postfix を再起動し
再度送信テストをしてみましょう


PDF
カテゴリー: RaspberryPi3   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>