ラズパイ3を Gitサーバに


ラズパイ3を Gitサーバにラズパイ3を Gitサーバに

まずは ssh でログインしてIPを固定しておきます

 sudo apt-get install vim

で vim をインストール

次に

interface eth0
static ip_address=192.168.1.208/24
static routers=192.168.1.1
static domain_name_servers=192.168.1.1

というように IPの設定をファイル末尾に追記して保存

固定IPについては
固定IPアドレスの設定(有線LANの場合)

を参考に

固定IPで接続できるかは

sudo shutdown -r now

で再起動し
ssh で接続できれば成功

次にリポジトリの更新と
インストール済みソフトのアップデート

sudo apt-get update 
sudo apt-get -y upgrade

次に git サーバに必要なライブラリのインストール

sudo apt-get -y install wget git-core 

次に gitユーザを作成
このユーザで gitサーバにアクセスするようにする

sudo adduser git

なおパスワード設定の後に
フルネーム []:
部屋番号 []:
職場電話番号 []:
自宅電話番号 []:
その他 []:
がでるけど
そのまま Enter でOK

以上で正しいですか? [Y/n]
とでたら、 y を入力

次にテストリポジトリの作成

 su git

で gitユーザのパスワードをいれて git ユーザになり

cd

で git ユーザのホームディレクトリに移動

mkdir -p ./git_root/test.git

でテストリポジトリのディレクトリ作成

次に空リポジトリの作成
.4 Git サーバー – サーバーのセットアップ

にあるように
作業ディレクトリのない空のリポジトリを初期化
したいので
git init に –bare オプションを指定して実行

cd ./git_root/test.git/
git init --bare
git init

次に GitLab のインストール
GitLab に必要なパッケージを入れるので

sudo apt-get install curl openssh-server ca-certificates postfix apt-transport-https

途中で postfix の画面がでてくるので
tab を押して
了解
で Enter

piGitlab

メール設定の形式は
インターネットサイト
を選択し
了解で Enter

piGitlab2

システムメール名は
デフォルトの raspberrypi のままでOK

Gitlab3

次に GitLab の gpg.key を追加

curl https://packages.gitlab.com/gpg.key | sudo apt-key add -

次に Gitlab パッケージのインストール

sudo curl -sS https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/raspberry-pi2/script.deb.sh | sudo bash

そして GitLab CE Omnibus package
のインストール

sudo apt-get install gitlab-ce

を実行してもパッケージがみつからないため

Turning the RaspberryPi 3 into a local App-Development Server

の中の
If you are not comfortable installing the repository through a piped script, you can find the entire script here and select and download the package manually and install using
を参考にパッケージをダウンロードし
インストールすることに

lsb_release -a

を実行するとバージョンを調べることができる

No LSB modules are available.
Distributor ID:	Raspbian
Description:	Raspbian GNU/Linux 9.3 (stretch)
Release:	9.3
Codename:	stretch

が今回の結果なので
stretch 対応のものを
https://packages.gitlab.com/gitlab/gitlab-ce
からダウンロード

今回は
ubuntu 14.04 へ
gitlab-ce_10.3.3-ce.0_amd64.deb
をダウンロード

そして

 scp gitlab-ce_10.3.3-ce.0_amd64.deb pi@192.168.1.208:/home/pi/

でファイルを転送

scp コマンドについては
scpコマンドでファイル送る、とってくる

を参考に

次に ラズパイ3で

sudo dpkg -i gitlab-ce_10.3.3-ce.0_amd64.deb

としたけど
アーキテクチャが違うため
インストール不可

このため、再度 Google で検索し
2017年7月以降のもので検索

GitLab on the Raspberry Pi 3

を参考に

curl https://packages.gitlab.com/gpg.key | sudo apt-key add -
sudo curl -o /etc/apt/sources.list.d/gitlab_ce.list "https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/raspberry-pi2/config_file.list?os=debian&dist=jessie" && sudo apt-get update

を実行し

sudo apt-get install gitlab-ce

でインストールできた

これで

sudo gitlab-ctl reconfigure

で初期設定できる

あとは

http://192.168.1.208/

というように
ラズパイ3のIPへブラウザでアクセスすると
GitLab の画面が表示されるので

New password に
新しいパスワードを設定し
Confirm new password

確認のため同じパスワードを入力し
Change your password
をクリック

gitlab4

これでパスワード変更が有効化されるので
ユーザ名 root
パスワードを設定したもので
Sign in をクリック

gitlab5

これで Gitlab へログインできます

gitlab6


PDF
カテゴリー: Gitlab, RaspberryPi3   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>