ubuntu Atom パッケージ同期設定メモ


ubuntu Atom パッケージ同期設定メモubuntu Atom パッケージ同期設定メモ

16.04のインストールを機に
環境の同期や再現をできることを重視して
開発環境を整えることに

まずは Atom エディタの設定の同期
これは
sync-settinパッケージと
Github アカウントを使えば可能

まずは Githubで必要な token の取得

https://github.com/github
にアクセスし
Sign in をして settings をクリック

atom4

次に画面を下へスクロールして

Personal access tokens  をクリック

atom5

次に
Generate new token をクリック

atom5-2

token description には概要を書くので
とりあえず atom sync としておきます

atom6

下へスクロールし
gist だけチェックをいれて
generate token をクリック

atom7

これで token が発行されます

次に Gist をクリック

atom8

gist description には概要なので
今回は Atom Sync
ファイル名には atom
本文にはダミー文字をいれるので
今回は crate gist としました

これで Create secret gist をクリック

atom10

これで作成されます
Gist の ID は URL のユーザ名の後の部分になります

atom11

これで
必要なtoken がそろったので
Atom を起動し
ctrl + , を押すと設定画面がでるので

install で sync-setting パッケージを検索し
install をクリック

atom2

インストール後に
設定のためのメッセージがでるので
Package settings をクリック
atom3

これで
Personal Access Token
Gist id

取得した token をいれればOK

atom12

バックアップを行うには
ctrl + shift + p で
コマンドパレットを起動し
sync setting: backup
を実行

成功すれば Atom 右上にメッセージがでます

次に別のマシンでのレストア

バックアップした端末と同じように
Atom のインストールをして
sync-setting パッケージをインストールし
Gist Id
Personal Access token
を入力したら

ctrl + shift + p で
コマンドパレットを起動し
sync setting: backup
を実行すれば
パッケージの同期ができます


PDF
カテゴリー: Atom   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>