Ansibleモジュール


Ansibleモジュールget_url:

wget コマンドみたいに

ダウンロードができるモジュール

url=

にはダウンロード先のurlを指定

dest=

には保存先のパスを指定

次に

unarchiveモジュール

これは tar コマンドみたいに

ファイルを展開するもの

-  name:  rubyの展開

   unarchive: 

     src=/tmp/ruby.tar.gz

     dest=/tmp

     copy=no

というように

src= には

展開したいファイルのパス

dest= には

展開先

copy=

にはコピーするかしないか

次にshellモジュール

これはシェルでの実行を指定できる

-  name:  rubyのインストール
   shell:  chdir=/tmp/{{  rubyver  }}  ./configure  –disable-install-doc

-  name:  make  ruby

   shell:  chdir=/tmp/{{  rubyver  }}  make

-  name:  make  install  ruby

   shell:  chdir=/tmp/{{  rubyver  }}  make install

というように指定する

あとsql 関連としては

postgresql_userモジュールがあり

これは

postgresql でユーザー作成するモジュール

-  name:  PostgreSQL  redmine  user作成
   postgresql_user:
     name=redmine

     password={{  password }}

というように

name=

へユーザー名

password=

へパスワード

を設定する


PDF
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>