​Ansible メモ


​Ansible メモAnsible メモ

CentOS7.2 だと

標準リポジトリにAnsibleがないため

EPELリポジトリを使う

yum  install  epel-release

なお、最新版のAnsible 2.0を使うなら

epel-testingリポジトリを有効化すること

yum  install  ansible  –enablerepo=epel-testing

yum  install  ansible

だけだと

Ansible 1.9.4 がインストールされるので

yum  install  ansible  –enablerepo=epel-testing

とすること

これなら、最新版がインストールされる

なお、古くても

これを実行すれば最新版になる

なお、Ansibleのバージョン確認は

ansible  –version

でできる

Ansibleの実行コマンドは

ansible サーバーIP モジュールオプション モジュール名

となり

例を書くと

ansible 192.168.1.100 -m ping

これで

pingが実行されるコマンドになる

ただし、Ansibleは

セキュリティーのため

hosts ファイルに書かれているIPでしか

実行できないため

これをやらないとコマンドは失敗になる

なので

次にAnsibleを使うための設定

Ansibleを使うなら

対象サーバーへ接続する設定が欲しいという理由のため

今回、実行してるのはCentOS7.2

このosでのhostsファイルの場所は

/etc/ansible/hosts

になる

書き方は

192.168.1.100

というようにIPを書くだけでok

なお

-i オプションをつければ

別のファイルを指定することもできる

ただし、わかりにくくなるから

デフォルトのものを使うのがおすすめ

しかし、これだけでもまだエラーになる

これは

Ansibleを使うには認証が必要だから

今回は公開鍵認証を使うことに

ssh-keygen

で鍵を作成

ssh-copy-id 192.168.1.100

鍵を安全に転送

Ansibleコマンドの詳細は

ansible –help

で確認できる

また、モジュール詳細については

ansible-doc モジュール名

で調べられる

例えば pingモジュールなら

ansible-doc ping

とすればok


PDF
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>