ubuntu14.04 に awscli インストール


ubuntu14.04 に awscli インストールubuntu14.04 に awscli インストール

去年 ubuntu12.04 に aws cli を入れたけど
今回は ubuntu14.04 に awscli インストール

今回IAMユーザいくつか作ったので
切り替えをどうしようか考えたけど
AWS CLIで複数アカウントのアクセスキーを管理して扱う設定

に複数アカウントの設定が載っていたので
安心して設定できそうです

まずはインストールから

sudo apt-get install python3-pip

で python3-pip のインストール

次にバージョン確認

pip3 --version

次に aws cli のインストール

sudo pip3 install awscli

インストールできたらパスの確認

which aws

そして aws cli のバージョン確認

aws --version

Ubuntuでawscliを使うための準備
によると
bash で aws コマンドの補完ができるらしいので実践

which aws_completer

でパス確認

次に complete コマンドを使い
tab キーで文字列補完ができるようにします

complete コマンドのオプションを調べたかったけど
みつからなかったので
今回のお題 – Bash の補完機能を活用する

を参考にさせていただきました

complete -C "/usr/local/bin/aws_completer" aws

次に ~/.bashrc へ
complete -C “/usr/local/bin/aws_completer” aws
を最終行に追記します

cat <<-'_EOT_' >> ~/.bashrc

complete -C "/usr/local/bin/aws_completer" aws
_EOT_

実行するときに
途中で使ったことのないものをみたので検索

この cat コマンドの後のはヒアドキュメントというもの

解説は
ヒアドキュメント使用方法まとめ


[Shell] 入力・出力を制御する

を参考にしました

<<-'_EOT_'

先頭のタブを無視し、さらに変数展開
コマンド置換が実行されない
変数は使用できない (「$」がそのまま出力される。)
コマンド置換が使用不可 (`` $() がそのまま出力される)
ヒアドキュメント内の先頭のタブが無視される

_EOT_

ヒアドキュメントの終わりという意味

ちなみに、ヒアドキュメントではなく
echo コマンドでやるなら

echo "complete -C ‘/usr/local/bin/aws_completer’ aws" >> $HOME/.bashrc 

となります

これで aws と打ってtab を押すと
オプション候補がで非常に便利になります


PDF
カテゴリー: AWS CLI   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>