ubuntu の https 対応


ubuntu の https 対応ubuntu 14.04 を https 対応させるように設定をします

すでに apache2 はインストール済みなので
ssl モジュールとバーチャルホストを有効化します

sudo a2enmod ssl
sudo a2ensite default-ssl

設定反映のため apache2 を再起動します

sudo service apache2 restart

次にポートの待ち受け443 があるかを調べます

ss -lnt

LISTEN     0      128                      :::443                     :::*   

という行があればOKです

ちなみに、ubuntu の場合apache2 インストール時点で
サンプルのSSL証明書が自動的に作成され
利用可能な状態になっているため、外部公開などにせず
サーバの練習などを行うのなら
そのままアクセスするだけですでに https 対応になります

念の為、openssl でサンプルの証明書をみておきましょう

 openssl x509 -in /etc/ssl/certs/ssl-cert-snakeoil.pem -noout -text -fingerprint -sha256

ちなみに、公開するサーバーの場合
正規のSSL証明書の購入をすることになります

これで設定ができたので、試しに
https://localhost でアクセスします

すると警告がでますが、気にせずに詳細をクリックします
これは正規のSSL証明書でないのが原因です

https

次に localhost にアクセスする(安全ではありません)
をクリックします

https2
すると
https になったページにアクセスできるようになります

https3


PDF
カテゴリー: ubuntu   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>