月別アーカイブ: 2014年8月

raspberry Pi のPWMでLEDの明るさ変更

raspberry Pi のPWMでLEDの明るさ変更 GPIOの出力は 0 つまり 0V 1 つまり 3.3V だけなので これだとLEDをつけるか消すしかできない しかしPWMを使えば明るさの変更ができるようになる … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

URL中の特定の文字列の抽出

URL中の特定の文字列の抽出 これは、表示中のページからJavascriptコードを使うときに利用する URL文字列を使っていると ホスト部分や クエリパラメーター部分だけ切り出して利用することがある PHPのマッシュア … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

表示中のページへJavascript発行

表示中のページへJavascript発行 これは、アプリでWebページを書き換えるときに使う WebページへJavascriptを発行するには WebViewクラスのloadUrl()を使う このときに、引数として渡す文 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

C言語でボタン状態の取得

C言語でボタン状態の取得 WiringPi のC言語ライブラリにある digitalRead() を使うことで 指定したGPIOポートの値を取得できる でファイルを作成 ソースは 最初に #include でライブラリな … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

raspbery Pi でボタンからの入力を検知

raspbery Pi でボタンからの入力を検知 GPIOポートが out モードのときなら 値が0なら 0V 値が1なら 3.3V の電圧が出力される これに対して inモード、つまり入力のときには GPIOポートの電 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

C言語でLED操作

C言語でLED操作 WiringPi のC言語用ライブラリを使えば C言語でGPIOポートを制御するプログラムをかける C言語の基礎は ドットインストールを参考にするとわかりやすい http://dotinstall.c … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

WiringPi でLEDの制御

WiringPi でLEDの制御 仮想ファイルにアクセスすればGPIOを制御できるけど 手順が複雑になる このため WiringPi に付属している gpio ユーティリティを使うことで簡単に操作できる まず gpio … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

AndroidでCookieの利用

AndroidでCookieの利用 Cookieは、Webサイト側がブラウザを利用している端末に一時的にデータを保存する仕組み 端末へcookieを設定すれば 設定した端末のブラウザからWebサイトへアクセスしたときに … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

GPIOポートからLED制御

GPIOポートからLED制御 Raspberry pi のGPIOポートは 値が0なら 0V 値が1なら 3.3V の電圧が出力される 値が1のときにLEDが光るようにすれば GPIOポートの信号が正しく出力されているか … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

位置情報を利用したページの表示

位置情報を利用したページの表示 位置情報を利用したページは アプリ利用者の位置情報を必要とするページのこと JavascriptにGeolocation APIがあるので これを使えるようにする まずは、AndroidM … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ